どなるど☆の部屋 ~「2015年」脱サラ・起業への道~

♪(* ̄▽ ̄)ノうぃ Hard Rockなギタリストざんす♪ M.DachshundとFerrariをこよなく愛しております♪

【アナログ盤レコードを聴こう♪・002】BEATLES 「ABBEY ROAD」

 

【高円寺のラーメン】食べ歩き(めざせ! 「100店舗」制覇!!)blogを公開中です。ご興味のある方はお手数ですが下記【gooブログ・カテゴリー】にアクセスをお願い申し上げます。 ★高円寺のラーメン(カテゴリー毎の記事一覧)

 

TEAC アナログターンテーブル チェリー TN-350-CH
リエーター情報なし
ティアック

 

♪(* ̄▽ ̄)ノうぃ

 

 前記の通り、昨年(2015年)12月に約「35年」振りに「(アナログ)レコードプレイヤー」を購入した。その機種は、「初心者向けにうってつけ」であると言われている。。。

 

 TEAC『TN-350-CH (Cherry)』

 

である。 → TEAC アナログターンテーブル チェリー TN-350-CH

 

※本カテゴリーの「序章」を記した(小生の)blogはこちら → 【アナログ盤レコードを聴こう♪・001】序章

 

 さて、「レコードプレイヤー」を購入した後、次は『(アナログ盤)レコード』が手元に無ければ何も始まらない訳である。新潟の実家には約「200枚」(ほとんどが「HARD ROCK」関連)の『レコード』が保管されているが簡単には取りに帰れない為、今回は購入を試みたのである。

 

 ここ高坂(埼玉県東松山市より、わざわざ新宿辺りの「レコード店」に買いに行くのも大変である為、この度はAmazon(ネット通販)で購入する事とした。サイトの「(商品)検索」窓にて『アナログレコード ○○○○○(アーティスト名)』と入力すると簡単に「商品」(レコード)を検索できるのである。そうして、今回数十年振りに購入する事となった『レコード』「タイトル」は。。。

 

 THE BEATLES ABBEY ROAD  

※(Original Recording Remastered)[12 inch Analog] Original recording remastered, Import

 

 ※『アビイ・ロード』(Abbey Road)は、イギリスにおいて1969年9月26日に発売された、ビートルズの12作目のオリジナル・アルバムである。(1987年のCD化においてイギリス盤公式オリジナル・アルバムと同等の扱いを受けたアメリカ・キャピトルレコード編集アルバムの『マジカル・ミステリー・ツアー』が、2009年9月9日にリリースされたデジタル・リマスター盤において発売日順に従い9作目に順番付けられた。これにより1順番押し出されて現在12作目とされている。しかし、イギリス盤公式オリジナル・アルバムとしては11作目である。)(Wikipediaより

 

であった。最初は折角なので「LET IT BE」を購入しようとも考えたが、その時の心境はどちらかと言うと“こちら”ABBEY ROADの方が聴きたいと思ったのであった。当然ながら、このABBEY ROAD「LET IT BE」『CD』では保有しているので、過去に何度も耳にはしているのであしからず。

 

 ちなみに、この度の『レコード』「購入基準」は、たとえ『CD』で保有している「タイトル」であっても、新潟の実家で保管されている『レコード』の中にはその「タイトル」が見当たらないものとした。実は昨年末に新潟の実家に帰った際、保管されている『レコード』の在庫を確認したところ、「LET IT BE」が存在していたのである。そんな事はすっかり忘れてはいたが。。。

 

 さて、『アナログ盤レコード』による今回購入したABBEY ROADを聴いた感想であるが、あっしはレコード評論家でもロック評論家でも何でもない為、敢えて“うんちく”をたれる気は毛頭無いので、単なる“素人”的な意見であるが、

 

 ■A面「6曲目」『I Want You』におけるJohnの“鬼神に迫る”ような歌声に圧倒され、またGeorgeの弾くGuitarの“うねり“がはっきりと聴き取れる。

 ■『CD』とは異なり、そのA面「6曲目」が終わった時点で盤をB面にひっくり返す必要がある為、ある程度の“間”が開(あ)き、続くB面「1曲目」『Here Comes The Sun』「新たる展開」として楽しめる。(B面からは「メドレー群」となる。)

 ■そしてB面「3曲目」『You Never Give Me Your Money』はとても“素敵”「バラード曲」であり、B面「10曲目」『The End』は(やはり)“壮大”であった事を改めて感じる事ができた。

 

 □要はこの「アルバム」を『CD』でかけて、(A面・B面関係無しに)“通し”“ダラッ”と聴いているだけでは(今までに)気付かなかった事が、『アナログ盤レコード』で聴いてみると、(意外にも)いくつか新たに気付かされると言う事であろうか。

 

[TRACKLISTING]

 

SIDE A

 1:Come Together

 2:Something

 3:Maxwell's Silver Hammer

 4:Oh! Darling

 5:Octopus's Garden

 6:I Want You (She's So Heavy)

 

SIDE B

 7:Here Comes The Sun

 8:Because

 9:You Never Give Me Your Money

 10:Sun King

 11:Mean Mr Mustard

 12:Polythene Pam

 13:She Came In Through The Bathroom Window

 14:Golden Slumbers

 15:Carry That Weight

 16:The End

 17:Her Majesty

 

プロジェクト アナログレコードプレーヤー(レッド)Pro-Ject Audio DEBUT-CARBON-RED
リエーター情報なし
プロジェクト