読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どなるど☆の部屋 ~「2015年」脱サラ・起業への道~

♪(* ̄▽ ̄)ノうぃ Hard Rockなギタリストざんす♪ M.DachshundとFerrariをこよなく愛しております♪

【長財布のススメ・006】【LOUIS VUITTON】ポルトフォイユ・ブラザ(ダミエ・グラフィット)

 

稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?
亀田 潤一郎
サンマーク出版

 

♪(* ̄▽ ̄)ノうぃ

 

 今から数年前、「長財布を持つと金運に恵まれる!」「長財布を持つとお金持ちになれる!」等々のある意味“カルト”的な本・雑誌が矢継早に刊行され流行りませんでしたでしょうか!? 今現在でもネット上の広告で良く見かけますが。。。

 

 そう言う小生も実は2011年5月に妻の実家(埼玉)へ向かう途中、移動の電車の中で間が持たない為、池袋駅構内の「東武東上線」改札付近にある小さな書店で“その手”の書籍を思わず購入してしまったのでありました。たぶん本の「タイトル」にも魅かれたのだと思われますが、その書籍が。。。

 

 『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』亀田 潤一郎〔署〕(サンマーク出版

 

でした。 → 稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?

 

■内容

 第1章 人生に迷ったら「財布」を変えなさい

 第2章 「稼ぐ人の財布の使い方」10のルール

 第3章 財布の中身は3つに分けなさい

 第4章 お金に好かれる人の「財布の哲学」

 

 その「キャッチコピー」『本書を読んで「財布を買い替える」人が急増中!』との事から、この当時は百貨店等の財布売り場で「長財布」が勢い良く売れていたのではないか?と想像ができますね!?

 

 さて、2014年の春になると(またも)“古巣”であったLOUIS VUITTON】(ルイ・ヴィトンに戻す事に決め、LOUIS VUITTON】(ルイ・ヴィトン「公式サイト」にて「長財布」を検索していたところ、モノグラム・マルチカラー」「長財布」及び「小銭入れ」が販売されている事を知り、(早速)2014年5月27日に購入手続きを済ませたのであった! それが(下記↓添付写真)のLOUIS VUITTONポルトフォイユ・サラ(モノグラム・マルチカラー)及び「小銭入れ」LOUIS VUITTON】ジッピー・コイン パース(モノグラム・マルチカラー)であった!

 

 

 しかしである! 暫く愛用している内にそのデザインが“女々(めめ)しい”ような感じに思えてきてしまったのである!?(内側の「ピンク色」の素材も含む!) そう、この財布を持ってお店で支払(会計)を済ませる事“自体”が恥ずかしくなってきたのであった!? そこで、次なる「別デザイン」「長財布」を追い求める事となってしまったのである! ちなみにこのLOUIS VUITTON ポルトフォイユ・サラ(モノグラム・マルチカラー)』であるが、現在は(現役の)「予備用財布」として我が家の金庫内に(大切に)保管されているのであります!

 

※そのLOUIS VUITTON ポルトフォイユ・サラ(モノグラム・マルチカラー)』に関する(小生の)blogはこちら → 【長財布のススメ・005】【LOUIS VUITTON】ポルトフォイユ・サラ(モノグラム・マルチカラー)

 

 と言う訳で、2015年の夏頃にLOUIS VUITTON】(ルイ・ヴィトン「公式サイト」にて「長財布」を(またも)検索していたところ、「メンズ」「ダミエ・グラフィット」柄で、更には内側にボルドー」(赤系色)素材を使用している「長財布」及び「小銭入れ」が販売されている事を知り、(早速)2015年7月15日に購入手続きを済ませたのであった! それが。。。

 

 LOUIS VUITTONポルトフォイユ・ブラザ(ダミエ・グラフィット)

 

■特徴

 「ポルトフォイユ・ブラザ」には数多くのカードと小銭を収納可能。美しいダミエ・グラフィットの財布はジャケットのポケットにもすっきりと収納できる。ダミエ・グラフィット キャンバスと色鮮やかなレザーのライニングが洗練された雰囲気をもたらす。

■仕様

 □クレジットカード用ポケット12枚

 □名刺や身分証明書を収納可能なスロット

 □ファスナー式小銭入れ

 □レシートなどを収納可能なまち付きコンパートメント

 □内側にパッチポケット4つ

 □金具(色:シルバー)

 

 LOUIS VUITTON】ジッピー・コイン パース(ダミエ・グラフィット)

 

であった!

 

★このLOUIS VUITTON ポルトフォイユ・ブラザ(ダミエ・グラフィット)』であるが、以前に使用していて途中から“嫌気”がさしてきた為、その使用期間が僅か「2ヵ月半」程度と非常に短かったLOUIS VUITTON ポルトフォイユ・プラザ(ダミエ・アンフィニ)』との「デザイン違い」である為、その“使い勝手”については十分に熟知していたのであった! また上記↑の通り、内側にボルドー」(赤系色)素材が使用されている点は“評価に値”したのである! 

 

★しかし実際の“使い勝手”であるが、「カードポケット」が多く(12個→現在は16個)装備されている点は評価できるが、肝心な「紙幣用ポケット」“キャパ”が小さいのか、お札が“スッキリ”と収納できない(大量のお札が上手く収まり切れない)点は減点↓対象であろうか!?

※これは「持論」(勝手な推測)なのであるが。。。世の中のお父さん(サラリーマン)は「おこづかい」が少なく、大量のお札を財布に入れる機会(必要)が無いので、この様な仕様になってしまったのであろうか!?

 

★そこで一旦は、これ以前に使用していたLOUIS VUITTON ポルトフォイユ・サラ(モノグラム・マルチカラー)』に戻すも、次なる「別デザイン」「長財布」を追い求める事となってしまったのである! ちなみにこのLOUIS VUITTON ポルトフォイユ・ブラザ(ダミエ・グラフィット)』であるが、現在は「箱」の中に戻されて、我が家の金庫内に「新古品」として(大切に)保管されているのであります!

 

※小生は「ネット通販」では主にAmazonを利用しておりますが、ここ最近は楽天に比率も徐々に高まってきました。そして2015年5月31日に、楽天にて買い物をする際、楽天カードを申込みの場合に10,000ポイントサービス」との案内がありました。調べてみると、「年会費」“無料”で且つ、買い物毎にポイントが“どんどん”と付与されるとの事でしたので「これはお得である」との結論に達し、この楽天カード申込みと相成りました。通常の「シルバー(銀色)」のカードでは面白味に欠ける為、小生は楽天PINKカード』をチョイスしました。その後、カードが届いてから気が付いたのですが、これは「女性向け」カードだったようです。でも、男である小生でも作れましたので問題は無さそうです。

 

☆その後、2015年の秋頃にLOUIS VUITTON】(ルイ・ヴィトン「公式サイト」にて「長財布」を(またも)検索していたところ、これが“運命の出会い”となる「レディース」モノグラム柄で、そのデザインに「レッド(赤)」素材を多く取り入れられている「長財布」が販売されている事を知り、“すったもんだ”の末に2015年10月9日に購入手続きを済ませたのであった。。。(続く)

 

LOUIS VUITTON】(ルイ・ヴィトン公式サイトはこちら → ルイ・ヴィトン公式サイト