読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

どなるど☆の部屋 ~「2015年」脱サラ・起業への道~

♪(* ̄▽ ̄)ノうぃ Hard Rockなギタリストざんす♪ M.DachshundとFerrariをこよなく愛しております♪

【脱サラ・起業への道・046】店舗造り Part1 ~ショーケース 其の1(序章)~

 

 ※現在【高円寺のラーメン】食べ歩き(めざせ! 「100店舗」制覇!!)blogを公開中です。ご興味のある方はお手数ですが下記【gooブログ・カテゴリー】にアクセスをお願い申し上げます。

 ★高円寺のラーメン(カテゴリー毎の記事一覧) 

 

 ※現在【高坂(埼玉県東松山市)のラーメン】のblogを公開中です。ご興味のある方はお手数ですが下記【gooブログ・カテゴリー】にアクセスをお願い申し上げます。

 ★高坂のラーメン(カテゴリー毎の記事一覧)

 

♪(* ̄▽ ̄)ノうぃ

 

 一昨年(2015年)8月に高円寺(東京都杉並区)から(こちら)高坂(埼玉県東松山市に引越て来て、早「1年半」近くが経過した。しかし、その間及び今現在においても景気が(イマイチ)“パッ”としない為、まだ店舗の『OPEN』の目途は立っていなが、来る開業(開店)に向けての店舗造りは、“のんびり”とではあるが“着々”と進められているのである。

 

 ちなみに、こちら高坂への引越以前における、開業(開店)に向けてのコンセプトは下記↓の通りである。

 

 夢(近い将来の計画)は、わんこ(犬)も入れる『HARD ROCK BAR』を開くことです。 お店の名前はもちろん。。。【Hard Dog Cafe ~どなるど☆の部屋~】とする予定です。また、 当然の如く我が家のわんこ・ら3匹(現在は2匹)がお店の看板犬として活躍する予定であります。

 お店のコンセプトですが、昼は散歩中の主婦の方々をターゲットに80~90年代の懐かしいROCK/POPSが聴こえ、夜には70~90年代のHR/HMが“ガンガン”流れて、バンド演奏もできたならばなお良しという事をモットーと致します。

 そして店舗の壁一面にはショーケースを配置し、これまでに収集してきた「我がコレクション」達を並べ飾り、ご来店頂いたお客様に目でも楽しんでもらおうという趣向で検討中です。(実のところは自分自身が楽しもうと思い立っての企画です。)

 

 さて、こちら高坂で約「1年半」近くに渡って暮らしてみたわけであるが、「この地」(我が家)において、(理由は様々あるが)「集客」的に『HARD ROCK BAR』開業“無理・無謀”である事が判明した。そこで、「Plan(プラン)」の練り直しを余儀なくされた訳であるが、“それ”は“それ”で今後“のんびり”と考える事として、上記↑の当初コンセプトに記載されている。。。

 

 『店舗の壁一面にはショーケースを配置し、これまでに収集してきた「我がコレクション」達を並べ飾り、ご来店頂いたお客様に目でも楽しんでもらおうという趣向で検討中です。』

 

の部分については、(まだ“発展途上”中ではあるが)既に“実現済”である。

 

 実は、我が家が着工される以前の「House Plan」の最中に、我が家(1階)の「店舗スペース」に設置すべく「特注」『ショーケース』「店舗内スペース」(壁一面)及び「店舗エントランス」部に設置の2種)について、三井ホームの(少しばかり美人な感じの)女性デザイナーの方にこちらの意向・趣向を伝え、“無理やり”に設計を施して貰ったのである。おかげ様で、『世界中でこの家にしかない』であろう“真っ赤”な超“格好いい”感じの『ショーケース』が完成したのであるが、そのお値段は約「300万円」となってしまったのである。もしや、この『ショーケース』を維持する為に、中に収納している「ミニカー」等を「切り売り」する日がやって来てしまう羽目になってしまうかもしれないが。。。

 

 そしてこの度、特に拘(こだわ)った点は下記↓の「5点」であった。

 

 ■本体(木枠):赤色 仕切棚:黒色

 ■全段背面ミラー付

 ■全段ライト付

 ■正面(ガラス)扉:鍵付

 ■収納(空き箱等)棚付

 

 それでは、「現時点」(2017年1月30日現在)における我が家(1階)の「店舗スペース」に設置された「特注」『ショーケース』を以下↓に紹介しよう。

 

【店舗内スペース(壁一面)】

 

 

 □ミニカー・フィギュア等:4段×2列(+α)収納可

 

 

 

【店舗エントランス】

 

 

 □Guitar(立掛け):6本収納可  □Guitarケース(横置き・扉開放):2体収納可

 

 

 

☆これでようやく、今までは狭いケースに無理やり詰め込まれて、或いは箱に入れられたまま納戸等に放置されていた我が家の『お宝』達が“陽の目”に触れる時がやって来たのである。今後は、この『ショーケース』に配置された「我がコレクション」達を「各段」毎に紹介する予定である。。。(続く)